FC2ブログ

鶏肉の調理法

すっかりFX一色なブログになってますが、実際の生活面では半々で、寧ろのめり込んでいないのがよくないという位に感じてます。

バイト先については昨今も色々動きがあったりはしてますが、家に帰ると基本頭から消えていて(というかどーでもよくて)、専らFXか趣味の事ですね。ここでは詳述しませんが、趣味のボリュームがちょっと大きくて、FXを侵食し気味な位です。



さて、フリーターライフの節約計画が現状壊れ気味で、このままじゃ良くないとも思っている状況なんですが、一つこないだ大きく貢献する内容があったので。
それが、実はこないだまで悩み続けた鶏肉の調理についてです。

豚肉は3種の神器(醤油、酒、ミリン)で適当に焼けばおいしいのに、鶏肉はそうでもなくて且つ、食ってて不味くて飽きるという結構困った事態が続いていました。その所為で外食に切り替えるのは以ての外です。
そんな中、どうしてまずかったのかの問題は鶏肉の特徴ですね。


豚肉の場合、中に詰まっている肉汁は旨みになり、3種の神器と上手く調和するのです。
しかし、鶏肉の場合、中に詰まっている肉汁が臭みにあたるもので、焦がす過程でその水を外に飛ばす必要があるという事です。
⇒おいしそうなローストチキンの画像では焼けた鶏肉が膨らんでいますが、アレは恐らく中の空気が膨張しているからだと思われます。
中の空気が膨張するという事は即ち、中の水気が良く抜けているという訳です。
また焼き鳥屋が鶏肉にタレをつけるタイミングも、鳥が焼けて水気が抜けた後の筈です。

それに気づかず豚肉同様に、焼いている過程で3種の神器を混ぜて煮てしまい、肉の臭い水分と混ざってしまってまずくなったという訳ですね。


料理サイトではその水気を抜くのにいろいろ手間暇かけたりしてますが、無論、料理の嫌いな自分はこんがり焼けるまで待つのみです(途中、染み出たのを取り除く事はあります)。中の水気さえ適当に抜けりゃいいので。待ってる間はスマホとか見てますね。そして水が抜けた後で、神器達を加えれば良い感じの味に仕上がるんですよね。


因みに、3種の神器のマニアック(料理嫌いな自分からすると)な使い方ですが、醤油を多めに酒とまぜる(砂糖があれば加えてやる)と焦げ目がついた位で焼き鳥のタレ味みたくになりますよ(「照り焼き」なんかもこんな感じの作り方らしいですね)。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント