FC2ブログ

ブレイクとエクジット(5月第4週 考察)


ブレイクのトレードで華麗に決まった事が中々なく、これまでだと2月中旬のトレード位で、どうしても入る事に躊躇した例が多々ありました。今回はブレイクにおけるエントリーは出来ましたがエクジットに難があったという所になります




上の図の形から、M5における上昇トレンド、そしてある価格帯でのもみ合いが見られます。具体的にはM1にて、ある一定の値幅で揺り動くようなバンドの構成が見られます。所謂、スクイーズですね(若干下値は切り上がっていてフラッグに近いかもしれません)

ここからはお手本に近いような形が形成されて行きます。
最初の△印の場面でこれまでの上値を一度突き抜けます。しかし、リバ(陰線(十字印))が平均線を超えたため、この段階ではまだレンジと言った所です。
次の△印の突き抜けの後も、やはりリバ(十字印)が出るのですが、このリバが平均線で抑えられ、値が一段吊り上がった所で揉みあいが見られます。ブレイクの手前ではラインの切り上がる場面がよく見られます。

①ライン内での比較的長期に渡るスクイーズ(他の長時間足では平均線に接する所だったりする)
②ラインの切上がり(切り下がり)→反転が平均線で抑えられる

この場合にバンド付近でエントリを仕掛けています。M15でも否定される場面ではないのでエントリについては間違いがなかったと思います。



そして想定通りに値が上に突きぬけていった訳ですが、その直後に大きく陰線をつけられてしまいます。自分の場合、これでまだ値を上方向につけてくれるのではないかと高望みをしてしまいました。
エクジットにおいて直後の大陰線(エントリの方向と逆につける大きい足)は確実にそう持ち続けるべきではないサインでもある

と、これまでの経験から何となく考えてはいたのですが、自分の中で確実に出来ていませんでした。せめて、特に戻した後の再挑戦した場面で引き上げるべきだったと考えられる所です。という訳で、お先真っ暗なギャンブルメンタルで保持したまま、一気に墜落した先で、結局ロスカットせざるを得ない羽目になりました。

最近はエクジット時間を長めにとったりはしていますが、特に今回の例を受けると、本来は第1波で取るのが望ましいです。指値注文とかで定めておけば良かったかとも思う所ではありますね。


このような大きい逆向きのリバの後は実際、多少戻すか、値が躊躇することが多いです。今回はある程度戻してくれたにもかかわらずという感じですかね
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント