FC2ブログ

二種類のS

ギャンブルトレードをやめる上で今一つ、基本からの考察ですね。

「Lの為のトレンドライン」に対して、今度はショート側について改めてプライスアクションの考察をしていきます。
まぁ、浅い経験からこうなんかなと思う所で書いていくので、今後の持論も変わっていく所になるかもしれませんが・・・。




上記画像のM5を見て頂くと、黄色と橙色で囲んだ四角形があるかと思います。
これが主に二種類の大きな区分かなと個人的に思ってます。

①黄色の四角の下降トレンド(戻り売り型)
・・・今回もそうですが、レンジの中で見られる形で、威勢良く戻すパターンです。
Sで取るのは実際、Lに比べて動きの急な事が多いように感じます。このケースでのエントリーはM5でトレンドがしっかり出ていて、M1で恐らくはバンドやMA26との中間で上昇線が留まった所で入るのかなと思います。

この時は降り切った辺りで入って急激なリバウンドの前に損切りという結果に終わってます。降り始めた時には遅いんですよ。特にSは。



②橙色の四角の下降トレンド(ブレイク型)
・・・ある程度トレンド続いた後に見られたりします。2月に大きく利益を出したもコレです。下降トレンドはトレンドですが、黄線(MA10)につくまでは小規模で揉みあいが生じている様に見えます。M1に目を移すと橙色で囲った所(見えにくくて申し訳ないです)はスクイーズからブレイクしたような形になっています。

これも落とす時は一気に落とすので、入ろうと思った時には、時既に遅しです。
M1ではレンジなので、長時間足との兼ね合いで判断する所ですね。それに、長時間足が肯定してくれない場合は、逆方向に向かう可能性も出てくるので、注意が必要なように思われます。下の例はM5で結構、綺麗なトレンドが出ているように見受けられますね。


どこでエントリするか、ブレイクの時に迷い、マトモなメンタルを失うのも、骨格がちゃんとしてないからというのもあると思うので、この辺できっちり押さえておこうと思って載せました。

まぁ、何にせよ
降った時にはもう遅い。
これがSです。


どう入るかと考えてみると、長時間足からの考慮が基本になるかと思います。
後は、コレはこういくと決め付けずに一つ静観する姿勢でしょうか。
全てこうなると一概に決め付ける事は出来ないし、損することも考えられるでしょうから。

ただそういった時にもギャンブルメンタルに陥ってさえいなければ、次のチャンスで狙えば良い筈です。
このあたりをしっかりと踏まえて、今後のトレードに臨んでいきたい所ですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

初めまして

kzt様

初めまして、突然のコメントで失礼いたします。
私ゴルゴ十三と申します。

私は現在までトレーダー、ディーラー、FXシステム販売、FX入金システムの構築など、
FXに関連する事柄を一通り経験して参りました。
現在は、海外FX会社設立の手伝いをメインで行っております。

突然ですが、kzt様はスプレッドが低くボーナスが25%つく海外FX業者にご興味はございませんか?

一度お話しが出来たらと思いますのでご連絡下さいますと幸いです。
メールアドレス redmoonlight2016@yahoo.co.jp
宜しくお願い申し上げます。

ゴルゴ十三