FC2ブログ

4月第3週

GBP/JPY  計 -24.7 取引回数 14回


4月に入ってからの高ボラティリティーな相場というのに慣れていないからか、後で見直してみると、ポジポジしてるのが目立ってます。
取引回数14回というのも少し多すぎる。

これまでの低ボラティリティというのは、ある値からある値までの間しか行き来しないような相場で、だからこそ頻繁にバンドを行き来する値動きがあるわけで。そんな中入れそうなタイミングで入れば、その分、エントリー時の予測していた分のちょっとしたプラスが出ていたのかとも思います。

逆に高ボラティリティー下でソレをすると、ちょっと想定外に逆に触れただけで一気に損が膨らむので、そこに怯えていたという点と、相場そのものの見た目のペースも遅いので、入るタイミングもごく限られていたというように感じます。
なのに、ポジポジして削られれば、更にその分メンタルにくるという事になるし、損失も膨らんでくるのでしょう。まぁ、明らかにメンタルが宜しくなく、成績もよろしくないのであればトレードを控えるべきですし、上手く自省すべき所ですかね。

トレード自体がすぐできなくなる訳ではないでしょうから、そう考えて、検証した後にまた日を改めてやったほうが良いとか、のめりこむようではまだまだお金はかけられないとか考えたい所なのですがね。


とりあえず、考察の方ではより良いエントリー・エクジットと異時間足との関係で気づいた内容なんかを簡単に綴ります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント