FC2ブログ

損小利大について

損小は非常によく分かります。
今回の様な禁を犯すようなトレードをしない事。自分の想定に反する波が来て持ったままにしない事。そりゃ今回はレンジって事を意識した部分はありますが、上の決まりごとに則って今後は入る事。


利大?


これについてははっきり言って意味がよく分かりません。勝てるトレードの利益をどれだけ持っていけるようにするかという考え方でしょうか。トータルで利益にもっていける計算に基づいて一回の取引時間をそれだけ無理やりとるという事でしょうか。

コレ、十分なトレードの経験の上で、手法というモノを確立した上で考える事ですよね?つまり、こんな事トレード中に考えるんでしょうか。
イミフです。

トレード中に考えるのは相場の波の行き先です。それと予測との適否です。そういう意味ではギリギリ(支持線、抵抗線)まで待てない事に対しての利大なら分かるんですけどね。けど、利大なんて考えたら、ずっと持ち越してしまう。それこそレンジを乗り越えた先まで持ち越すメンタルを肯定してしまいやしないか(長時間足を考慮した反転ブレイクからの取引開始と持越しは大いに違うでしょう)。大体そんなことしたら損切りできなくなるよね。

況してや、初心者の考える事なのか。違う様に思います。せいぜい上級者の課題だと考えています。というのも手法とルールが定まっていない以上、総合的な損失を減らすのが目標でしょう。利大ってのは確立された手法による利幅を計算する際に考えられるもので、少なくとも取引の前後に考えるモノじゃないですよね。
てか取引回数の60%勝ち越して40%負け越した場合、一回の勝ち越しで利確する幅を減らせる訳じゃないですか。重要なのはやはりtotalな訳ですから。
では何でこんな事が言われるようになったのか
損を切り続けた事のメンタルを和らげるため?寧ろそんな状態に陥り続ける事に容易に感性を鈍くしていいものなのか。

プロのトレードの結果だけを見て過程を無視したり、言葉が足らないから、どうにも中途半端なように思えるし、矛盾が発生する様に思われます。数値から短絡的に捉えようとしたものか、そもそも本来これは誰に向けて唱えられた言葉なのか。
この投資の世界では「fxは9割は勝てない」とか曖昧な言葉が多いんですよね。誰を対象にして何年継続を意味するのか、といった辺りてんで分からないし。

自分も半ばこれに囚われていた様に思うのですが、ちょっと改めてやっていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント