FC2ブログ

オープンソース

スローライフを目指す自分にとっては、非常に有難く使わせていただいているモノ多数であり、今後もよりお世話になりたいとは思っている所です。

単純に、新しいPC買って、ubuntu引き入れてー

これが言いたかっただけなのですが。別に、Linuxに拘りがあるとか、PCオタクであるわけでもなくて、元々、開発者用に作られていたそれがユーザー向けに近づいてきたから、変えたいなと思っているだけです。他の商業OSは自分にはうるさ過ぎる気がして


オープンソースというフリーのものでこれ程の質が良いのは何故なのって話ですが
恐らくこれの出所は米国だと思います。そして何故、向こうで?というのは

良質なものを自分の趣味や好きな事として作りたい

公表

此処までは、よくある話で、日本だとフリマとか同人誌卸売場な訳ですが、こっからその趣味の活動幅を増やしていこうとすると、商業形態をとらざるを得なくなる側面があり、リスキーな訳で保守に走る面も出る訳ですよ。しかしながら向こうの場合、出資者の面で差異が発生してるんじゃないかなと思います。

そう、寄付です。

向こうの高所得者は高所得者で応分の高い税金の支払いを要求される訳ですが、寄付する事によってこれが免除されるという仕組みがあると聞いたことがあります。
そうすると例えば自分が高所得者の立場になった場合、以下のどちらに支払うか

・不特定多数(嫌いな奴を含む) →税金
・自分と同じ趣味のメンバーや創作者 →寄付

どうせ支払わなければいけないお金をどちらに支払うかで考えると、答えは明確かと思います。

企業は存続の為に無理やりユーザーを誘導させたりして利益を吸い上げる状況が多々発生する事とも思われます(不要なサービスをつけてイノベーションを謳うとか)。逆にオープンソースの側はもう十分だと思ったら、引き揚げてしまえばいい。何せ有志で集まってるメンバーだから。提供する内容が十分だと思ったら、引き揚げられる緩さがある。
そんな訳で、ユーザの立場に近くて使いやすいモノがオープンソースにあるんじゃないかなと考えているんですよ。特に既に開発済みのモノなんかは
まぁ議論の余地はあるでしょうし、ソースもかなり曖昧ですけどね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント