近況報告@2月-2

んーまだ何だかんだで粗があるように感じてはいますか。思ったよりなんか負けてるなっていう笑。
2週間前のルールから気づいたことを引っ張り出しては、もう少し自分なりに手を加えてその3~4ヶ月分とかをランダムにピックアップして検証したりしつつ、まぁそれでも殆ど前とエントリーポイントに差異はないのですが、それでもその気づきの変更点と過去のエントリー根拠を比べた時に重複する部分はあって、てな感じで進んでます。

3月から実践かというと、まだもう少しデモと検証はやりたいかという所で、実際1年分すら終わりきっていないので(笑)。・・・・・・やっぱり、まだまだですね

現状、負けている事にはいるんだけど負けてる所は「やっぱりな~」みたいなのが分かる感じで、個人的には理由がはっきりしてるのが気に入ってますね。でも、今度はそうしない為に自分の中の欠点を見つめなおす必要がある訳ですね
自分の不調とか気持ちの切り替えとか(それによるポジポジ病)もあるのですが、一番のネックである「損切りできない病」についてはプロの方のブログや資料なんかを参考に、自分の欠点やトレードスタイル、またエントリーの性格に絡めて考え直して、それで上手くいくかという所ですか。
検証の上でそれに基づいた変更が有効に活きているか確認して、デモで実践内容を確かめて、んでソレが続けば愈々かなと・・・。まぁそれでも気づいたことやら欠点に気づいたのならそれを潰す作業は繰り返していくので遅くなるかもしれませんがね。でも、そんな遠くないようにも感じてはいたりしてたり・・・・・・。



ちょっとどっかで書いたか覚えてなくて恐縮なのですが、デモ環境であるFT3(2でも別に他ソフトでも)は上達したい人がやるには必須のものだとは自分は考えていますが、付き合い方にはやっぱり注意したい所ですね。
例えば、「休暇の明けた今日は久しぶりにやろう」とする時、必ず検証で使った静画の資料に目を通すこと、実際にトレードを始めるに当たってもこうした事をやったりするのが普通だと考えられますが、デモでもこれを行って本番と時間以外ほぼ一緒の環境にあると認識しながら行う必要があるんですよ(時間については学習効率の為に今は早めておりますが)。

そうやってコンディションを整えないと、いわばトレードがただやりたい→じゃあデモだ、なんて繰り返しの内に、自分の間違いに気づかず、修正できず、いつの間にか、あの時不調で負けたから今度こそは、みたいな事になってとんでもないことをやらかしたりするんですよ(実際これまでに何百、何千とやらかしたことか)。そうすると、もうデモする意味がなくなりますから。

まぁでもその手のソフトはやっぱり個人的にはお勧めですね(てか必須じゃないって?)。デモは実践よりかずっと早くに身につけられるし、検証における静画についても簡単に引っ張れるので。でもMT4でも静画は普通に過去のも取れるんですかね、個人的にはFT3の方が区切り目とか自分で設定できるし、手っ取り早くて楽なんじゃねって思ってはいますけど。



この次に最近の記録について、上げてみたいと思います。かなり久しぶりの画像による考察になりますかね。つって自分で勝手に見直ししてるだけなので、雰囲気だけ届ける感じになります
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント