FC2ブログ

その他トレンドフォローに基づくエントリ

以下の画像にトレンドフォローで入るならの箇所を上げました。最後の画像は1分足も乗せてエクジットまでを具体的に上げます。

s161013PY4.png


現状、波形は個人的に水平線とグランビルの法則の影響を中心に考えています。過去の記事でエクジット戦略に関する記事を上げました。自分のやり方は勝率を上げたいという方に重心が載っているので上の画像のような入り方になるのかなと。

捉え方としては、
トレンドが生じている⇒青線(75EMA:15分足25EMA)、紫線(26EMA)、黄線(12EMA)の並び方
価格帯が更新された
もみ合いが始まった

このもみ合いが始まった段階で、エントリーを反転ポイントから加味していく形になりますね。各四角形の所はそういった可能性のあるエントリーポイントの見られそうなところに当たりますか。

画像の1分足で、矢印までを観察していきますと、価格帯が更新されてから、大きく反転しますが、その上方向への進行が再び阻まれ、前回つけた値と同じ値でラインを形成し始めました。ここから矢印のある2本目にてエントリーを仕掛けています。ここまでがエントリー。


エクジットについて
基本は直近に築いた極値になります
1分足の画像では下方青線と言う、保守的な所でエクジットをかけました。
今思うと、灰色の太線まで見ておいても良かったかとも思いますかね。というかもう1,2本見て上がったり下がったりなどした後で損切り覚悟で出て良かったかなとも。

ソレより前の赤い四角で囲った5分足のロングのエントリーポイントですが、反転足のつけたラインが、紫線との接触ポイント重なった所で下髭の長い十字足をつけており、エントリー条件としては十分かと思われます。
本題のエクジット条件ですが、先ほどの一番右の例と比較すると、直近にラインを築きそうな値が既に赤線の形でついています。また、このポイントは、直近の足の形からして逆方向が強く出る可能性高い所にも見えます。そういう意味で抜けるとしたら赤線の所で保守的に抜けたほうが良いかとも考えられます。

ですので一番右の例では、ソレらしいラインが前についていないので、強気に保有してみるのはありだったかなと言う所になりますね。



前回記事でも上げられてなかった損切りについては
間近のポジションの逆方向の極値になりますかね。
保守的にポジションと逆方向に進む大き目の実態足がつけられたらそこからすぐエクジットをすることは前回の狙い目の場合は有効かと考えていますが、こちらのケースでは行ったり来たりを待っても良いかと思います。

次回にこの辺の戦略の纏めをあげます
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント