FC2ブログ

近況報告@8月

暑さに慣れて落ち着く位に、気が緩んでしまって、今月は別の事に時間を使ったり、余計な出費などが発生しました。中々、コレらを鬻ぐと言うのも人間である以上難しくて、特に今取り組んでる内容の様な長期戦必至の内容では自分のペースを保つことの方がまず第1に上がるでしょう。
そんな事もありながら、自制の意味もこめてバイトの量は減らさず、出費の分働くという方向にしたのでダメージは抑えられたと思ってます。


さて、為替についてなのですが、前回から実践に入ろうと言うにも、碌に入れない状況になってしまいました。サボりすぎかと言うとそうでもなく、静画による統計を詰める内に実践の中で思い起こされる疑問点が見ているうちに湧いてしまい、ソレを払拭していく意味で時間が掛かってしまってます。今回の検証はじっくりやると決めていたので、ふらついたままデモに入る位なら、今のようにすべきだとやってる次第ですか
具体的に、自分の思う方向にエントリーしたとして、予定されるエクジットまで行ったとして、ただその確率で勝敗を割り出すだけだったのが先々月の段階で、先月で、そうでない場合の区分としての観察項目の列挙から、今月で更にソレによる獲得の値までってな感じですか。
まぁその他、その思いついたことが何故正しいのかを自分で簡単に図にして考え直してみるとかそういうのも。細かく考えて言って、ソレをまた俯瞰で考えてみると言う動作をしておくと、次に思い起こした時に直ぐに引き出しから取り出せると言う意味では間違いでもないと思ってます
いや、そんなにかからんだろと言われれば、うーんどうでしょうね、そこが8月の皺寄せでしょうか



準備の段階というのはどうにもつらいもので、何がって、誰にも理解されない所にありますか。作業をしろって言う命令に対して、実際に作業する時間は本当にかかるし、終わるまでは基本何も言えんし、何分作業はその本人のやり方やらが混じってくるので、人に話しても、特にこの手のは理解されにくいし、結果が分かってるものでなければ尚更でしょうか

あと、やって気づいたことには、本当に確率と言うものが身に染みてくるといいますか。仮に勝率60%としても損切り8連続とかそういうのを孕んだりするものでして。ソレが起こるとメンタルがーっていうのは凡そ初期の段階で感じるものですが、ある程度経験積んだり、統計を取っていくとそれが一定期間に渡る事が判明してきて、更に特定の期間で勝率3割とか期待値マイナスが生じると、レバレッジを期間毎に上げていこうという目論見が潰れるんですよね
そしてまた、勝率が仮に7割であったとしても期待値がマイナスならダメみたいなのもあり、所謂Profit-Lossに当たる奴ですが、そういうのも考えられる必要がある訳です

実践に当たってはこのあたりが確固としたもので無いと、ルールに自信が持てないとかグチャグチャになるのも目に見えているので、とりあえず、検証を納得のいくまでやりたいと思います
スポンサーサイト