FC2ブログ

近況報告@2月

この生活も3年目のタームに差し掛かりました。道中気を紛らわすようなことの耐えない年でありましたが、バイト先での時間を減らした事で、色々と進行に実りはあったように感じます。特に、為替の面では前年度初頭に導入した商材が有効に機能してきてるんじゃないかといった所です。だって、一昨年までの短期トレードはプラスの月がほぼ無しとかでしたから

年初は検証中やら何やらということもあり、全く落ち着かないスタートとなりました。2月に入ってもバイト先で時間を食われて入るのですが、為替や趣味の方では落ち着きが見えてきたかという所で、昨年を振り返ることにしました
これからまた年度末に差し掛かると、バイト先のほうが不安定になってくる所で、そもそも今月がしんどいスケジュールからの、給料払えない、人いない、と崩壊は目下迫ってる所にあるでしょう。覚悟はしている所です



12月~1月末と長らく検証を続けていた所から2月にかけて実践に入ったところになります

Total19_2.jpg

(左の統計は月単位のを並べたもの、右の統計は最近走行させた13.3の日別の記録。何れもGBP/JPY)

最初期は検証から実践に至るに当たって、まだかっちりと決まっていない部分があったのと、手法が信じ切れてないとかでブレブレでした。この辺が実践における技術的な欠陥でしょうか。12.10後半からもう一度実践に当たる為のルールの見直しをして現在まで至ってます

過去は例えば3ヶ月とか過ぎるとチャートに強く影響を受けて、エントリーの基準とかが変わってしまったりで、どうしても自分のルールに対しての信用が置けず、11月(前の記事)に上げた表の後、また大きくマイナスを出してしまってというような状況でした。
現状はエントリーの段階でエントリーとエクジットを動かさず、またエントリーの基準も明確にしており、「この形、入りたくねーな」と思ってもエントリーの基準に従ったものであれば、エントリーするという事になり、逆に「前に見たから入りたいな」と思っても満たしてなければ入らないと決めていて、感情的要素をより入れない設計にしています。エクジットについても将来の兼業でやることや時間軸上の都合から現実的な設定でおこなっています


ただ、やはり簡単に取れる所と、複雑な所はあって、複雑な所では見極めも大事になり、それが裁量にも抵触してくるので、最近はそれを組み立てるのもあってやる度にしんどいなーと思うことが多いですね。特に取れていない2月よりも直近の3月は厳しい(複雑で難しい)もので、振り返ってみて「あぁ、何故だか生き残ってるわ」みたいな。指値・逆指値を使ってても、どうしても精神には来るものがありますし(実際、上の表より3.20超えた段階で月単位でマイナになっている訳で、その次のエントリーの際にはチャートの動きを根拠に-65を上回るリスクで賭けてます)、だからこそ定期的に手法のメンテは必要だろうなと感じさせられる所ですかね

また別の年で試してみて、果たして上手くいくのかをもう少し確認してから実際のトレードとする予定です
仮に実際のトレードには入れたとして、そこからはトレードと別の通貨ペアでの検証・実践に到る予定になります。そうするとTotalはもう少し膨らんでくるかなぁと見てはいます。後は、自分の資金との相談でしょうか。まぁでも先の話だし、前にもこんな期待抱いてポシャったので、期待せずじっくり進めたいと思います
スポンサーサイト