FC2ブログ

7月第5週(ノートレ)

手法の会得が要るので、実際のトレードは当分控えることになりそうではありますね・・・。黙って、デモトレードとその見直しに励む日々です。

そんな中、今週も相変わらずバイトが糞みたいに入っちゃあいたのですが、それでもその為の時間に割く事が出来たのだけでも良かったとは思います。何とかそうやってほぼ毎日、正しい訓練を積む事が、この手の職人技を身につけるには最速になる(筈)ので。ていうか、1日12Hとか潰されながら、合間を縫えたのは我ながらおぉ、って感じです。



因みに、じゃあその検証の結果は、というとまぁぼちぼちで、引き入れてからまだ月日が間もないので何ともいえないですね。つうか、まぁそりゃそうですよね。
じゃあ今までやってた事と手法とで比較したとき何か違いはあったかというと、自分でオリジナルでやっていた時は若干、聖杯探しに近くなりすぎたり、損失の発生を嫌いすぎたのと、ソレの理由に波形で選びすぎた傾向にあったんじゃないかと感じてます。ただ無論、波形選びはある程度要るので、今までオリジナルを求めてやってきたことが不意になった訳ではありませんがね。

デモトレードとはいえ見逃しだなぁというか、怖気づいて入るべき所で入れなかったり、みたいなのがよく見られているので、そういった所の修正も要りますね。ポジポジとか、ポジションに固執し過ぎみたいなのも(特に自分は後者)あったりはしてますけどね。

まぁ、当分結果が出るまで、今のやり方を崩さぬようやっていきたいと思います
スポンサーサイト



7月第4週(トレードはなし)

ま~たブログを空けてしまったのですが、

自分の手法が、というか手法だと思ってたのが明らかに手詰まりで商材に手を出してしまいました。
何分、オリジナルでやってやりたいという思いは当初はあったのですけど、良い商材を出されているブログなんかを散見すると、まず自分に知識とかその辺足りないんだろうなと思いました。
そして、自信がなくなるんですよね。FT3で損失出すと何が悪かったのかをチャートから散々引っ張ってきてはエントリーポイントを失いと、完全に聖杯に突っ込もうとしてしまう訳なんですよ。で、更にトータルが酷いというコンビネーション。商材に手を出すまでチャートを回すことすらからも離れる日を過ごしました。


色々考えてみた結果、手を出すことにしたのです。気にかかったのは以下↓

・金
・・・コレは最後の最後まで悩みました。大体平均3万かかるのでウーンという所でしたが、こっからの時間を失うことを鑑みると、そういうわけにもいかんと腹を括りました

・オリジナルで云々という話は?
・・・元の部分が諤々で優位性の欠片もないと、努力しても甲斐が無い。努力の方向性を間違えると幾ら努力しても骨折り損になるということ。
そして、仮にオリジナルで、自分で色々アレンジして出来る様になってもそれには莫大な時間を要してしまうという事。コレに対して現状、自分の持てる時間は非常に少なく、余裕が無い(というか、あのバイトは可能な限りとっとと離脱する必要がある)。


まぁそんなわけで手を出すに至りました。

今後はコレを体得する為に時間を費やすことになりそうです。
一先ずは利益を出すことでしょうか。そこにたどり着くことが最優先になるでしょう。

7月第1週

ノートレード


うーん、検証しつつ何かやり方がおかしいんかなとは思うものの、考え中な感じではございます。というか迷走中。



バイトとはいえ定期的に働かざるを得ない場所だと、ソレに漬け込んで、ここで生活させてもらってるんだろみたいなのを植えつけてくるんですよね。正社員でもないければ、労働契約を結んでるだけなのだから、この手の意識ははっきりいってありません。まぁ完全にBラックな体質な訳ですけど。
つか、「意識」とか言うのにロクなのがいない。
サークルとか幹部社員なら未だしも、バイトとかに求めるのは結果のみだろうっての


ただ、Yめた場合には、その後の転職先にて同じ轍を踏ませられないようにする為の交渉手段は考えないといけないし、まぁその為にも貯金はある程度貯めないといけないしと・・・戦略立てていかないといけないんですよね。
もうちょっというと、今この現状では金をそこで稼ぐことにある程度集中し、その他趣味などは棚に上げろみたいな話になりますか。

安定した、当初目指したスローライフというのは結局自分にとっては精神的に自由に近い状況で、且つ物理的にもハードな負担にならないという状態で、ソレを目指していたのでありますが、現状両方手放して金に代えてる状況です。

ホント、糞

ひとまずは為替にしろ、バイトにしろ情報収集の状況ですか



そして、過去に英語の成績を一定期間勉強を続けて飛躍したという話を自分がこのブログでした訳じゃありますが、どうもこれも同様に、為替についてもある努力の仕方で成果に結びつける限界時間があるとかないとか、ネットサーフィンの中でそんな記事を見つけてみたり。
これはつまり、ある一定期間を続けると、いつしか取れるようになるが、仮にその一定期間を過ぎても成果が上がらなければそのやり方は間違っているか、自分には合ってないということですな。
その辺色々気になったことはまた考察の方で上げられれば上げようかと

6月月間成績


EUR/USD  計 -2.0  取引回数 1回

total -2.0  1回/5日


相変わらず馬鹿みたいに忙しい日が続いておりますが、貯金が貯金なので何にも言えず、動けずの状況です。
まぁ基本短くて、そして諦めた日が何日もあってこういう状況に至りました。寧ろ一回でもあったのが僥倖なのかもしれません。


検証を続けながらも、本当に駄目だ、取れないなぁ~という結果が続いております。駄目な結果を受けては達人のブログを漁ったりしてますが、改めて「手法の優位性」と問われるとどうにも釈然としない何かが自分にあります。
ブレといわれると受け止めなければいけないのもあるのかもしれませんが、やっぱ違う気が改めてします。もっとちゃんと考えて見直ししないといけないんでしょう。

本当に簡単じゃない・・・