FC2ブログ

3月第4週

GBP/JPY  計 0.3  取引回数 1回
EUR/JPY  計 3.7  取引回数 2回


まぁこれでも不要なのはあったりしたかなとも、でもノートレードの日もあり、絞ってやれたんじゃないかと思う部分もありますか。レンジは続いているし、監視時間と対比するとこのくらいで精一杯だったかと思います。

中途半端に取れたような取れないような、そんな結果になると、どうしてもまだやってみて白黒つけたいみたいな気持ちが発生しますね。しかしそんなメンタルでやった暁にはもう目線が目の前に集中してしまい、ポジポジになってしまったり。その辺は過去にも書いたかもしれませんが
今回の中途半端な結果に残念がる自分の精神がいるということが分かるのも重要なことだと思います。そういう気持ちを明らかにし、客観的に捉えていく事で、今度はトレード中のそういう感情の自分を抑えようと働く。この辺は反省を積み重ねてやっていくしかないですね

結果については半端で良い訳ですよ、損していないので。複数回トレードを行えばその最終結果がトータルになる訳で、そのトータルが週単位でプラスに出来たならば、絞れているし、それが純粋な結果を示している訳です。元々、エントリー・エクジットのとり方も、頭と尻尾はくれてやれ、みたいな感じでやってるので、半端になっても仕方のない所でしょう。今月はそれなりな結果で締めをくくりたい所です


バイトのシフトが非常に厳しい(糞忙しい)状況が続きますね。しかし貯金に繋がると思えばと、今ここは諦め所だと自分に言い聞かせている状態です。
スポンサーサイト



3月第3週

EUR/JPY -7.0  取引回数 4回


レンジみたいな環境ではいつも以上に厳しく見るべきだったなぁという所です。焦ったエントリーは確かにありました。しかし元々監視日数が少なければ監視時間も少ない状況で、もうちょっとやれたら挽回できたかなぁとも思う所です。

現状、バイト先に始まり周辺環境が非常に芳しくないです、つか人が足りなくて1日辺り10hオーバーはバイトとはいえ、流石に身体に響くものです。為替の監視時間もかなり減ってしまっている事に然り、本当に宜しくない。年度の変更の時期というのは色々とリスクを被るものなのでしょうか。
今月の残りは最早堪えること必死になるのかなぁと思うと、中々しんどい話ですね

最近の考え方


久々に考察を上げたいと思います。

最近は水平線メインの意識ですかね。水平線を軸に、
その水平線で囲まれた価格帯を超えたかどうか、
どの位時間を費やしたか、
どの位更新したか、

→価格帯を超えるのに時間がかかるという事は、
もうそれ以上、コレまで通りに上げないか又は下がらない
仮にコレまで通りに価格帯を割って進む(ブレイクする)なら、指標ニュースとか収縮フラッグとか、強い動意が働いた

こういった考え方を軸にしてます。


以下、5分足から、徐々に水色の線から価格の更新度合いが落ちており、時間もかかったりしてる訳です。そんな最中での上げですね。なので、15分足でいうEMA25の青線(EMA75)付近ではありますがLで入ります。
次に1分足で、それまでにつけた上の髭とその後につけた戻り線からラインかなと思われて、矢印で明確に意識されたと見えたのでエントリー。


元々はずっと下りムードで来ているのを前提に
紫のラインに触れてブレが見え始めたのと、落とし始めたのが見えたでエクジットは弱気に抜けた感じです。

この辺エクジットは難しいですね。
ただ、基本は上位時間足というのと、仮に自分の目線で上行ってもらえるなら、こんなに鈍くなるもんかなと。実際5分足で2本位つけてスパッといったりするものなので。
騙しつけて、下まで戻してから上いく場合は、このエントリーだとLCがキツイ。そういうのもありますかね。

LCについては直近ラインを意識していて、それを割られたらラインとしての効力を次以降にエントリーする人は考えないだろうなと(寧ろ逆方向のレジスタンス化する)考えるので、ラインを割られる雰囲気が濃厚ならすぐに出るようにはしてはいますか。
現状こんな所です。

3月第2週

GBP/JPY  計 3.7  取引回数 3回
EUR/JPY  計 -1.4  取引回数 2回

ボラの小さい日が続いていますね。見直してみると、焦ってるようなエントリーにも見えるような。こういう状態は危ないかなと。
思うとおりのエントリーがあるのかというと、チャートは毎回変わる以上、同じモノはないですし、変に形式ばった入り方で考えるのもどうなのかとも思ってはいます。
ルールといっても、実際目で見て感じ取れる感覚とか、そういうのを鑑みると損するな~とかヒヨったり、その辺は自分のルールに対する信用が薄かったりするからなんでしょうな。まぁ、色々枠組みにカッチリ収められるだけの観察項目を増やすには短期間では難しいものです。



FT2の業者に気づかぬ所で入金がされてるような事態が生じており、支払った後で気づく羽目に合いました。具体的には支払い業者のアカウントに直接確認してキャンセルしなければいけないというのがメールできていて慌てて気づいた感じです。データを引き入れたら無条件で使えるかというと、何かその辺の設定をちゃんとしなくてはいけない模様ですね。

代理店で購入はしたのですが、入金業者は海外のもので、送付されたメールの日付と文面見た感じ、変な業者ではないと思いつつ、英語で書かれた怪しい文面の区別はつけづらいだろうなと物怖じさせられました。ワンクリック詐欺的なのの海外版とかを意識してみる必要があるのかもしれません(笑)

通信環境の設定といい、費用が今月は嵩んだので、検証は来月に延ばす形になりそうです。

今後の様相

バイト先のシフトがぶっちゃけ不安定で、ブ●ックだから恒常的な人手不足が蔓延しているのです。また色々人が変更する関係でしわ寄せが生じていまして、先月の為替の日数にも響く事に。

YMたいのは山々ですが、
・(見つかるまでを保証できる)貯金がない
・次でどこまで稼げるか不明
・入ったらまた一から覚えなおしで後輩扱い

この辺があるので容易に動けないんですね。更に来年度からシフトがよりハードになるという見込みが生じているのです。
貯金は優先したいけど、税金は増える訳だし、何せ今現状の、余裕のある時間の確保の問題とこの辺ですか。別に新しい事覚える訳でも(多少はあるか)、正社員ほどのきつさがある訳ではないんですけど、ブ●ックだからリスクはよりこっちに転嫁される環境で実に宜しくないんじゃないかと言う不安。

そんな状況ゆえに、もう現状必携とされてる通信環境とデータ更新について先手を打っておこうかなという見込みにある感じです。

2月月間成績・3月第1週

2月月間成績

GBP/JPY  計 1.0   取引回数 19回
EUR/JPY  計 -21.3  取引回数 8回
EUR/USD  計 1.3  取引回数 1回

total  -19.5  28回/10日

3月第1週

ノートレード

後半試したくてやりすぎたなーという。数えてみて4回位はありましたか。

しかし、業にするにはこの「試す」なんて事をやっててはいけませんよね。そういう感覚も怖くて、2月後半は自嘲気味に検証しとりました。でも、検証の中でも試したりもして検証になっておらんなぁとも・・・
やっぱりやってるとどうしても「もっと取れるんじゃないか」という欲が沸いてくるものなんですよね。これを抑えなければならないと思いつつも、これがなさ過ぎてもそれはチャンスを逃す事になってしまう。バランスの求められる所なんですね。

検証の時間軸を正確に取りたいという欲求も沸いている事から早々にデータを引き入れようかなと。まぁ出費になるわけなんですけど、絶対必要とわかっているものについてはとっとと手をつけてしまおうかな