FC2ブログ

近況報告@11月

ついに退職が確定しまして、年を跨いだ先にまた就職活動の運びとなる見込みです。会社都合の特殊な事情での退職が適応されるんじゃないかと見込んで、雇用保険の旨みを使えるなら使いたいと考えており、ソレを使うと1ヶ月位休職出来そうなのです
一般的には喜ばしいとかそんな話かもしれませんが、個人的には就職ガチャをまたひくのが面倒だなと。それにまた覚えなければいけないことが増えるとなると嫌ですかね。かといって今の職場も無理な訳ですけどね


為替のほうは、先月末からデモを只管やっておる状況です。やってみると、やっぱり粗が出るというか、検証では見えなかったことが予想通りでております
また、デモの中で、これはいけるんじゃないかと思ったことも、検証中を見返してそれはダメだってっていう堂々巡りのような事にもなったりして右往左往しながら進めてます。エクジットに到るまで、どうしても色々悩んだり、見返したりするので検証に比べると処理は大分遅くなりますかね。一先ずは12月に入ってもデモを中心に進める予定です

成績表はまた近い内上げられるか、取り敢えずバタバタしてるので落ち着いたらいずれ上げていきたいと思います
スポンサーサイト



近況報告@10月

バイト先がもう倒壊末期レベルにありまして、というのも金庫の金が減っているというのが発覚しながら、その窃盗犯を捕まえることもままならず、幹部は給料無しで弁償とか言う状況が先月
で、こっから更に窃盗犯を野放しにしたまま、というのも従業員がいないと回らないからと言う理由で不完全な対策に留まり、また今月も金が減っていると言う状況が発覚しつつの
幸い、下の人間は給料が確保されているのですが、自分としては寧ろ、業務が大量に回ってパンク状態にありそれはそれで音を上げていた所にありました

転換期は間近に来ている状況ですね・・・。



為替について
先月より、デモが失敗し、検証のし直しを図る状況と言う事で、ちょっと10月前半は忙しくて進行がままならなかったものの中盤以降で何とかペースを取り戻して取り組んでいました
やっていた事は基本への立ち返りで、商材に書いてあった内容と、自分が今やっていることの比較で、意味合いからオリジナルで独り善がりに作ってしまっていないかという所、そして、その商材の意味合いをちゃんと掴む所でした
特に自分なんかの場合、きっちりさせすぎていたかとか思います。「ある型が出たらエントリー」とか「メインフレームである型が出て、上位でも~の型ならエントリー」とかの杓子定規なもので決めていたような感じで、前回の「手法」の話も含めて定型ばった様なものに押し込めようとしていたのの反省からする所にありました
そもそも「聖杯」がないと言うことは、つまりチャートを項目毎の単純な記号に置き換えて、それらからかっちり組み立てると失敗すると言うことですね。置換できたなら勝てるアルゴリズムトレードみたいなのが氾濫してることでしょう

一般には上位軸から下ろしていくようにシナリオを描くと言いますが、そのように「環境認識」、そして「手法」を上手く統合させて考えられる必要があるんだろうなと
・・・幾年とかけるとどうしても、単純かつ明確にしてしまおうとバイアスが掛かり、上記よく言われるような事を無視してしまうんですかね

進捗として検証は今月から始まったのですが、また来月にはデモと検証を行えるような状況に行ければと思っています
コレ、環境的に職探しを先にやればと言う気もしてますが、とりあえず年末まではこのままつぶれることが確定する直前まで突っ切っていくつもりです。為替が実践に入れる手前まではペースを崩したくないし、材料からいけるんじゃないかとココまで来て希望を捨てていないのと、今まで何度も転職する可能性は考えていたので、そうなってから考えていいとも思っているので

近況報告@9月

ここまで、溜まっていた経費の支払いの為、夏は我慢して多めに働いていたのですが、そろそろプライベートの方に向かわねば時間がないのだろうという所です。ただ、まだ雑費がかかるし、何より色々時間がなさ過ぎるという状況にきています
自分の実力向上の芽としては薄いのかなとも感じさせられる所で、強く焦ってます。というか昨年はちょっと気が緩んでいたのでそのツケでしょうかね
雑費の為に仕方なく多めに働くことを甘受してるのですが、税金とか年金とかののしかかり方がちょっと厳しいなと最近感じてます。稼ぐ術を身につけるとかしないと、ホントに生き辛い世の中になってきていると思います



為替について、デモを始めてはみたのですが、調子が宜しくなく、デモで分かることはさることながら、検証の方がまーだ不十分だったかという風に感じてます。コレ独学でやるのは凄い大変だなと
「手法」と言う言葉についてですが、「手法」と定めているのには結構狭い意味合いで、自分が最初期に考えていたのはソレこそサインが出てエントリー、サインが出てエクジットでした。ココに「環境認識」と言う言葉がくると、ソレに応じて「手法」を適用させたりさせなかったりとあり、その「環境認識」も一応「手法」の範疇ではあるんですが、コレに対してその「環境認識」に対しても、パターンなどがどっかにあって簡略化したいと考えてしまいます。要は「手法」がメインなのだと

が、現状、この考え方は逆であるんだろうなと思い、そうなると、検証もやり直す必要があるのではないかと。無論、これまでもそして検証中もその「環境認識」に目を光らせてはいましたが、それを観察項目として列挙していたのにはやはり不十分だったのかと認識してます

心の折れる月となりましたが、現状は、道は後ろにはもうないと思って行かねばならない所でしょうか。とりあえず、今後は検証からもう一度になりますかね

近況報告@8月

暑さに慣れて落ち着く位に、気が緩んでしまって、今月は別の事に時間を使ったり、余計な出費などが発生しました。中々、コレらを鬻ぐと言うのも人間である以上難しくて、特に今取り組んでる内容の様な長期戦必至の内容では自分のペースを保つことの方がまず第1に上がるでしょう。
そんな事もありながら、自制の意味もこめてバイトの量は減らさず、出費の分働くという方向にしたのでダメージは抑えられたと思ってます。


さて、為替についてなのですが、前回から実践に入ろうと言うにも、碌に入れない状況になってしまいました。サボりすぎかと言うとそうでもなく、静画による統計を詰める内に実践の中で思い起こされる疑問点が見ているうちに湧いてしまい、ソレを払拭していく意味で時間が掛かってしまってます。今回の検証はじっくりやると決めていたので、ふらついたままデモに入る位なら、今のようにすべきだとやってる次第ですか
具体的に、自分の思う方向にエントリーしたとして、予定されるエクジットまで行ったとして、ただその確率で勝敗を割り出すだけだったのが先々月の段階で、先月で、そうでない場合の区分としての観察項目の列挙から、今月で更にソレによる獲得の値までってな感じですか。
まぁその他、その思いついたことが何故正しいのかを自分で簡単に図にして考え直してみるとかそういうのも。細かく考えて言って、ソレをまた俯瞰で考えてみると言う動作をしておくと、次に思い起こした時に直ぐに引き出しから取り出せると言う意味では間違いでもないと思ってます
いや、そんなにかからんだろと言われれば、うーんどうでしょうね、そこが8月の皺寄せでしょうか



準備の段階というのはどうにもつらいもので、何がって、誰にも理解されない所にありますか。作業をしろって言う命令に対して、実際に作業する時間は本当にかかるし、終わるまでは基本何も言えんし、何分作業はその本人のやり方やらが混じってくるので、人に話しても、特にこの手のは理解されにくいし、結果が分かってるものでなければ尚更でしょうか

あと、やって気づいたことには、本当に確率と言うものが身に染みてくるといいますか。仮に勝率60%としても損切り8連続とかそういうのを孕んだりするものでして。ソレが起こるとメンタルがーっていうのは凡そ初期の段階で感じるものですが、ある程度経験積んだり、統計を取っていくとそれが一定期間に渡る事が判明してきて、更に特定の期間で勝率3割とか期待値マイナスが生じると、レバレッジを期間毎に上げていこうという目論見が潰れるんですよね
そしてまた、勝率が仮に7割であったとしても期待値がマイナスならダメみたいなのもあり、所謂Profit-Lossに当たる奴ですが、そういうのも考えられる必要がある訳です

実践に当たってはこのあたりが確固としたもので無いと、ルールに自信が持てないとかグチャグチャになるのも目に見えているので、とりあえず、検証を納得のいくまでやりたいと思います

近況報告@7月

今月は生活に関する溜まってた出費とかで大きく押された関係で、耐え忍ぶ日々でした。それに帳尻合わせるかのように人手不足を補うようシフトが詰められていて、上手い事出来てんかともいうように調整できた次第じゃありますが、その分色々身体には響きますね。適度に休養を取れないとストレスで発狂しかねない性質で、そら散在したり色々支払いを渋ってたのがいけない訳なのですが、にしてもやはりキツいものがあります

早く山を越えてくれるのを祈るばかりなのですが、年食うと何かを始めようと動くのが億劫になるってのを最近身に染みていて、まぁ自分から動いて環境を変えるんじゃなく、状況変化を待つばかりになってしまってます



為替の方は、先月に引き続き静画での検証にずっと注力してました。先月の記事より0ベースで見直すと述べた通り、そのような形で行っています
計算シート上にチャートをおいて結局取れるのか取れないのか、入るのか入らないのか等を記載しておりまして、過去に2月、前年11月に行った検証に比べると、根拠と、其処から来る精度、即ち観察項目を一段持ち上げて、統計上なるべく頼りがいのある内容には近づけさせている状況です
精緻を上げる為に設定した観察項目は過去にも似たように上げた事がありましたが、昔は「そこまでは出来んでしょ」と簡易なもので済ませていました。しかし幾度とデモを繰り返す中で気づいたこと、知らなかったチャート、値のストップした地点の意味とを様々考えていった結果、「そこまで出来んでしょ」じゃなく「最低限要るでしょ」とまで思えるようになれたし、纏め方、フィルターをかけた際の分類のやり方も上手い事出来てきたようには感じています。てか、ソレが生きていると思いたい・・・

まだ元のルールの改定には至ってないですが、ざっと見た所は年スパンでは利益になりそうな所なので、もう後少しじゃないかとは思っているんですけどもね



今後の予定としては、もうちょっと詰めの作業を行うことになるかとは。またバイト先のシフト事情も少しは落ち着くことが見込まれるので、来月中にまたデモに少なくとも入ることかとは考えています。結果がそこそこ出ていたのなら実践と同時に他通貨のデモにもなるかと。焦らず、じっくりと進めていきたい所です