生活状況

元々はスローライフを送る為の・・・だった訳ですが、気づけば週6日、平均10hのドブ●●●状態にずっぽり。
まぁそんな状況の中で、このFXをどうにかするのは不可能ではないけども・・・ちょっとという状況で、懸念を抱かざるを得ないなぁという。

つーか、従業員が抜けてもう凄惨な状況なんですよね、本格的に。とはいえ現状が予想がつかなかった訳ではなくて、この秋の初め辺りになんか生じるんだろうな・・・とは思っちゃあいた(予感というか)ところだったのですけども。
並行して、こっちの懐事情もこの半年を耐えてきて、少し余力がもててきたのと、仮に別の場所へ移るとしたらどうする?という話の目処も何となくついてきたような感じがしてきたので、抜けようかなと思う訳ですよ。まだ計画中ではありますが、近いうちに。

じゃあどこに移るのか。
現状考えているのは派遣かなぁと。
コレ、今あくまで情報収集の段階ですけど、聞いた所見た所、絶望的な話が集まっている感じでもないので、そうしようかなぁって思ってます。
世間的には落ちるところまでいったなぁ、って感じですか・・・(いやあんま変わんないか)。まぁそういうのはあんまり気にしない性質なので、とりあえずこのどうしようもないのを払拭するにはソレしかないかなと。

派遣とバイトだと前者の方が安定しないんですけど、どうも責任感が薄めなのと、給料が前者の方が高いみたいで。てかまぁ、今バイトで全然安定してない自分からすれば、安定って何ナノって話なわけで。まぁその言葉も所詮、世間的な風評なんですけどね。



ここでこの見方を「環境認識」的な観点で肯定してみようかと
経済的に停滞の側面が走り続けているのって、例えば江戸時代でいうとこの中期~末期辺りじゃないですか。そうすると、当時存在した士農工商って奴、江戸においても時代が進んで安定してくる(5代将軍辺りで儒教が広まったことで全国的に一揆がやんだのが安定かなと個人的には思ってます)と両替商とか高利貸しとかが現れて(インフラ安定→生産環境の安定→商業活動の発展)、武士と商人の地位が逆転するような状況が、特に金銭を軸に発生していた訳ですよ。御三家とか全部が全部ひっくるめてとかじゃなくて、下級の一般武士と大阪の米相場での取引を行ってた大商人とかとの間で顕著に。大商人の彼ら、恐らくは大多数の農民や職人(工)よりもいい暮らしをしてた訳ですよ。
まぁあの頃は職業移転の自由がなかったから、農民は商人にはなれず暮らしを変えることは出来なかったけど、結局、彼らが彼らの暮らしを支えていた理由の一つには身分制かなとも、所謂、自分達は商人よりも地位が高いとかそんな。

因みに個人的には、江戸時代よりもキリスト教世界観崩壊の頃の小作人の状況のがしっくり来るんですけどね。ただ、
・キリスト教が崩れて公共サービスがなくなる
→街の汚れが浄化されず、ペストが流行
→小作人の相対数が減少
この辺りの下部の存在の減少については外因的な感じがあるのでちょっと流れは違いますがね。某国の場合、安定希望とかそっから派生した地位を理由に正社員になろうっていう信仰が下部のバイトやら派遣やらの相対数の増加を食い止めている訳なので。
・・・もっとちゃんというと直接的な作業人口を減らす方向に走ろうとする(そうなりたくないと思う人が多い、命令したいっていうか)ので、例えばバイトにもバイトリーダーとかよく分からん地位を与えて和ませてる感じ。

要は直接作業人口が非常に減少してる現状、彼らの給料が上がっていくわけなんですよ。こういった背景では人手不足なので、今も昔も。


尚、もうちょっと現状の視野を肯定したい理由としては
現ドブ●●●状態と過去の正社員の状況を金銭貯蓄の面で比較すると、ボーナス含めても正社員とイーブンなんですよ。まぁソレはあくまで自分が平社員だったからなのですが、そっから上行くと責任と浪費時間が余裕で倍になることは見えたし、賃金カーブもある一定の地位まで行かないと結局、完全に現状の暮らしを上回りはしないので(てかそこまでいくのが凄い大変だと思う)、そうなってくるとどう考えても損失なんです。

そんな訳で、派遣かなぁ


(追記)
政治ネタは嫌なんですが、ちらっと考察
(バックグラウンド)パチンコマネーが北に流れてた
→・パチンコマネー規制を強めた(業界が1パチとか安価にし始めたり)
 ・若者の娯楽がパチンコ以外に流れてる
→パチンコマネーが来なくなって、大衆の精神的な鬱憤を愛国心で晴らそうと他国に向ける煽動
→・地下で何かの実験
 ・インター・コンティネンシャル・バリスティック・ミサイルが襟裳岬を通過
こんな感じ?まぁ自分はパチンコはやらないんですけどね
スポンサーサイト

生存報告@9月

ブログの更新も大分空けてしまっていますね。
相変わらず、週6の10Hとかいう中、無理繰り時間を割いて検証に割いちゃあおりますが、結果は相変わらずでございまして・・・。

今思うと、商材を買った時の印象ですが、
このブログに乗せてある内容と、商材の内容とは半ば似ているというかやり方が似ている所もあり、過去のトレードから自分が見つけてきたこういうときの相場の動きは~みたいのが商材にも書いてあるのを見て、ショックを受けていたんですよね、当時は。

商材に聖杯のようなものを求めていた自分がいたんだと改めて今日になって思いました。



相変わらずの結果を只管残しながら、でもそれでも、自分の見直しと同じな部分、違う部分を照らして、検証は続けていこうと思います。

相場で勝つ為に、自分に必要なことは諦めることなんだと、実感出来たような感じもしてるので、その辺そういう風に意識してやっていこうと思います。

そして何とか近いうちに、あのBlack●イトをやめられりゃなと。まぁでもその辺は貯金と相談か・・・。

生存報告

だいぶ空けてしまいました
商材を買ってから、やってはみるものの中々成果を出すのが難しかったりしてます。ルールを把握しつつも、裁量のかかるところがあったり、そのルールと裁量の調整とかも必要なのかと思いつつ。
また自分の癖で、油断すると損切りできない病とかが生じてしまってるのもまだまだな所だなと感じてますかね。

まぁこれからもFT3を回してみて、出来るようになるまでとことんやってみるつもりです。その関係でブログは不定期になりますかね、申し訳ありません。

7月第5週(ノートレ)

手法の会得が要るので、実際のトレードは当分控えることになりそうではありますね・・・。黙って、デモトレードとその見直しに励む日々です。

そんな中、今週も相変わらずバイトが糞みたいに入っちゃあいたのですが、それでもその為の時間に割く事が出来たのだけでも良かったとは思います。何とかそうやってほぼ毎日、正しい訓練を積む事が、この手の職人技を身につけるには最速になる(筈)ので。ていうか、1日12Hとか潰されながら、合間を縫えたのは我ながらおぉ、って感じです。



因みに、じゃあその検証の結果は、というとまぁぼちぼちで、引き入れてからまだ月日が間もないので何ともいえないですね。つうか、まぁそりゃそうですよね。
じゃあ今までやってた事と手法とで比較したとき何か違いはあったかというと、自分でオリジナルでやっていた時は若干、聖杯探しに近くなりすぎたり、損失の発生を嫌いすぎたのと、ソレの理由に波形で選びすぎた傾向にあったんじゃないかと感じてます。ただ無論、波形選びはある程度要るので、今までオリジナルを求めてやってきたことが不意になった訳ではありませんがね。

デモトレードとはいえ見逃しだなぁというか、怖気づいて入るべき所で入れなかったり、みたいなのがよく見られているので、そういった所の修正も要りますね。ポジポジとか、ポジションに固執し過ぎみたいなのも(特に自分は後者)あったりはしてますけどね。

まぁ、当分結果が出るまで、今のやり方を崩さぬようやっていきたいと思います

7月第4週(トレードはなし)

ま~たブログを空けてしまったのですが、

自分の手法が、というか手法だと思ってたのが明らかに手詰まりで商材に手を出してしまいました。
何分、オリジナルでやってやりたいという思いは当初はあったのですけど、良い商材を出されているブログなんかを散見すると、まず自分に知識とかその辺足りないんだろうなと思いました。
そして、自信がなくなるんですよね。FT3で損失出すと何が悪かったのかをチャートから散々引っ張ってきてはエントリーポイントを失いと、完全に聖杯に突っ込もうとしてしまう訳なんですよ。で、更にトータルが酷いというコンビネーション。商材に手を出すまでチャートを回すことすらからも離れる日を過ごしました。


色々考えてみた結果、手を出すことにしたのです。気にかかったのは以下↓

・金
・・・コレは最後の最後まで悩みました。大体平均3万かかるのでウーンという所でしたが、こっからの時間を失うことを鑑みると、そういうわけにもいかんと腹を括りました

・オリジナルで云々という話は?
・・・元の部分が諤々で優位性の欠片もないと、努力しても甲斐が無い。努力の方向性を間違えると幾ら努力しても骨折り損になるということ。
そして、仮にオリジナルで、自分で色々アレンジして出来る様になってもそれには莫大な時間を要してしまうという事。コレに対して現状、自分の持てる時間は非常に少なく、余裕が無い(というか、あのバイトは可能な限りとっとと離脱する必要がある)。


まぁそんなわけで手を出すに至りました。

今後はコレを体得する為に時間を費やすことになりそうです。
一先ずは利益を出すことでしょうか。そこにたどり着くことが最優先になるでしょう。